The Four Rooms of Change

A framework explaining how people manage change.

The Four Rooms of Change®とは?

Four Rooms of Change®の方法論は、科学的研究に基づいて開発されました。この理論は、変化を扱い、変化、ストレス、移行の中で人や組織に何が起こるのかを示しています。合同会社Detailsでは、このたびFour Rooms of Change®スウェーデン本部より公式ファシリテーターの認定を得て、日本国内でこのモデルを広くご紹介していく事業を開始いたしました。

The Four Rooms of Change®は、変化を扱う理論であり、移行期にある人や組織に何が起こるのか、そして彼らが自分の感情や行動に責任を持つことで、どのように変化のプロセスに影響を与えることができるのかを示しています。このモデルは、スウェーデンの心理学者であるクレス・ヤンセンが、60年代後半から70年代前半にかけて、変化のダイナミクスに関する画期的な研究の一環として開発したものです。4つの部屋(心理状態)とは、「満足」、「自己検閲・否定」、「混乱・対立」、「インスピレーション・刷新」です。

変化の経験を旅という観点から考えると、どこかから始めなければなりませんが、それは「満足の部屋」からです。すべてがうまくいっていて、リラックスしていて、コントロールできていて、何も変えようとは思っていません。しかし、何かが起こり、外部環境が変化します。ヤンセンが「トラップドア」と呼んでいるように、重大な出来事の結果として落ちてしまうこともあれば、長い時間をかけてゆっくりと「否定の部屋」に落ちていくこともあります。

ここで興味深いのは、何年もかけてオンラインメディアに徐々にシェアを奪われてきた伝統的な新聞業界で働くことと、事実上一夜にしてリーマンショックを経験した金融サービス業界で働くことの対比です。否認とは、何かが違う、おかしいと感じていても、大丈夫だと自分を納得させることに成功している状態です。前向きになろうと努力したり、リラックスしてコントロールしていることを他人に示すために「仮面をかぶる」ことがあるかもしれません。しかし、遅かれ早かれ、私たちは現実に直面し、「混乱の部屋」に入ることになります。

恐怖、怒り、悲しみ、自信喪失、劣等感などの感情に支配されてしまうのです。これは明らかに良い状態ではなく、私たちの多くは、旅を続けるよりも否定に戻ることを無意識に選択します。しかし、私たちは前進しなければなりません。恐怖に直面し、混乱や葛藤を克服することで、新たな希望、新たなインスピレーション、そして前進する道を見つけることができるのです。私たちは「再生の部屋」に入りました。突然、私たちは「すべてを手に入れた」という感覚を持ち、エネルギーを得て、物事を実現するための欲求を経験し、創造的なリソースを見つけます。最後に、私たちは旅を終えて「満足の部屋」に戻る準備ができています。

image-asset.jpeg

​あなたに合わせたサービスをご提供いたします。

 

I want to join the program,
Sign me up!(事前申し込み)

Thanks for submitting!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LinkedIn